今後求められる職種|実際にヘッドハンティングされた場合の対応|充分に気を付ける
婦人

実際にヘッドハンティングされた場合の対応|充分に気を付ける

今後求められる職種

婦人

グローバル化時代に必要

貿易事務は輸出入を行う企業にとって必要な部署です。要の部署といっても過言ではありません。英語のコミュニケーションスキルが高ければ、目指す価値のある職種です。事務職の中でも英文事務並みに給与水準が高いです。輸入に関する事務は海外から商品を日本へ入れるための通関と国内の輸送手配が必要ですが、基本的にはトラブルがなければ何もせずに商品が到着します。しかしながら、輸出の際には手続きが多く、専門的な知識を必要とします。少々ややこしい輸出事務の理解と理解度の提示のために貿易実務検定に合格していることは就職の際に有効です。貿易の自由化は企業のグローバル化とともに進み、貿易実務の専門家を必要としている企業は多くあります。この流れを受けて貿易実務検定を目指して勉強してください。

今後需要は拡大する

企業のグローバル化を受けて、輸出入に関する業務の専門家は求められています。先にも述べました通り、輸入に関する事務は難しいことが少なく、フォワーダーとコミュニケーションが取れればこなすことができます。しかしながら、輸出に関する事務は難しいです。輸出入に関する知識を判断する検定としては貿易実務と通関士があげられますが、通関士の資格は非常に難しく、通関士を取る前には貿易実務検定の受験がおすすめです。また、貿易実務検定に合格していると商社やメーカーでの貿易事務だけではなく、フォワーダーや船会社での勤務も可能となるなど、今後、輸出入が増大してく背景を考えると需要が拡大し続ける職種といえます。英語のコミュニケーションスキルにプラスして、持っているといい資格といえます。